斎藤リウマチ科内科整形外科


≪医院の外観写真≫

 わが医院の外観です。徹底的に予算を切り詰めた安普請です。できる限りの工夫を凝らしました。私の描いた見取り図、イメージ図やデザイン図をもとに、設計士さんには、予算をにらみながら、専門家として手を入れてもらい設計・管理していただきました。
 細々注文をつけました。実にイヤな施工主だったことでしょう。設計士(湯浅設計=ユアサ商事株式会社医療事業部)さんは、イヤな顔ひとつされず、親切に相談にのっていただきました。
 多数の入札がありました。将来のメンテナンスなども考えて、建設元請けは、地元の高井建設さんにたのみました。腕のいい下請け職人を統括され、立派な医院を作っていただきました。医院建築は初めてだったそうです。(設計士さんも感心しておられました。) 前社長さん(故人)には、公私ともども親身になっていただき、よくしていただきました。その後も日常メンテナンスや追加工事、日常的付き合いなど、何かとお世話になっています。


真夏の医院玄関方向の眺めです。          2006,8  
大屋根で病院臭さを消し、外壁の汚れを防いでいます。緑で囲み、変化をつけ、安らぎを演出しました。苦心のデザインです。       


南東上方から北方向へ、医院全体を俯瞰しています。2007,6  患者さんむけに、ゆったり約40台分の駐車スペースを確保しています。
玄関すぐ前に、
さかえ調剤薬局が来てくれました。厚労省の方針でもあり、2007,4,1以来すべて院外調剤に切り替えました。  
北西向こう1kmには、日本有数の
巨大商業モール・モレラ岐阜の建物群がみえています。北方町の郊外?本巣市が100m北に隣接しており、急速に都市化していますが、まだまだ緑も多く残っています。東海環状高速道路インターチェンジ建設も予定されています。

この冬一番の冷え込みの朝:新雪に朝日がまぶしい。国道側北入り口方向からの眺めです。バンベール北方が隣接しています。当院のいいランドマークとなっています。    2013,1.27



(左)さかえ調剤薬局がすぐ玄関前に来てくれました。  2007,4,1          (右)医院入り口の診療案内です。 2005,10



1994,6&1996,2,  リハビリ室前の小庭です。狭く長いスペースですが、植栽による空間的な広がりと、緑で安らぎを演出しました。私自身の設計です。現在は、エゴ、ヤマボウシ、カシ、ヤマモモ、台杉(北山杉)なども大きく育ちました。


2000,4 私手作りのパーゴラとその周りです。美男葛とムベを絡ませました。日当たりがよくありません。


2000,6 病院玄関車寄せの天窓を透かせて、植え込みのツルバラやペチュニアがのぞめます。

                    

                           最初のページへ   



斎藤リウマチ科、斎藤リューマチ科、斎藤整形外科、斎藤リウマチ科内科、斎藤リウマチ科・内科・整形外科、さいとうリウマチ科、さいとうリウマチ科内科、さいとう整形外科、齋藤リウマチ科、齋藤リューマチ科、齋藤整形外科、齋藤リウマチ科内科、齋藤リウマチ科・内科・整形外科、斉藤リウマチ科、斉藤リューマチ科、斉藤整形外科、斉藤リウマチ科内科、斉藤リウマチ科・内科・整形外科、、さいとうリウマチ科内科整形外科




inserted by FC2 system